元氣玉とは

ドラゴンボール

毎日のように暗いニュースが流れ、多くの人が未来に不安を抱き怯えています。
ドラゴンボールの最後にでてくる最強の敵である魔人ブウは、
人間の『恐れ』が作り出した集合エネルギー体。
悟空がどんなに肉体的に強くても、エネルギー体である魔人ブウには歯が立ちません。
肉体とエネルギーでは、そもそも次元が違うので、戦いにならないのです。
そこで、悟空は大自然から愛のエネルギーを集め、元氣玉を作りました。
花や風、海や大地、そして太陽からも大きな愛を集めたけれど、魔人ブウは消えませんでした。
なぜなら、もともと魔人ブウは人間の『恐れ』から作り出されたエネルギーだったから。
つまり、人間たちが心の奥底にある『愛』からあふれた元氣を取り戻さなくてはならなかったのです。

 

元氣玉を悟空に伝授した界王さま(銀河系の神)のセリフ

 『元気玉とは、地球中の願いを集めた玉だということを知れ!』

 

元氣玉は一人ひとりの愛ある夢でつくられているのです。
一人ひとりが『恐れ』から目標をもつと悪夢となり、魔人ブウとして具現化し、
一人ひとりが『愛』から夢を抱くと、元氣玉ができる。
大切だったのは、『愛ある夢を抱くこと』だったのです。
富士山に夢を集めるということは、まさに元氣玉だ!
そんなことを思い立った僕たちは、すぐに動き出した。
もしかしたらただの漫画の深読みだったのかもしれない。
でも、きっかけなんて、おもしろい方がいいに決まっている!!
そして、秘密基地レトロタイムマシンの僕たちスタッフは立ち上がった。

地球のみんなから、愛ある夢を集めよう!

この世界が暗く感じるのは、一人ひとりのこころの扉が閉まっているからなんだ。
『あなたの夢はなんですか』これは、心の扉を開く魔法の言葉。
そして夢ハンカチをいっぱい集めることで元氣玉ができる。
元氣玉は一人では作れないのです。
夢を描く人、夢を集める人、夢を天高く届ける人。
たくさんの地球の仲間たちの夢が元氣玉となります。
一枚一枚バラバラのみんなの夢ハンカチを丁寧に赤い糸でつないで、
巨大な元氣玉をつくり、天高く宇宙へ打ち上げよう!!
合言葉は、『3・2・1・元氣玉!!!』

そうやって、僕たちは宇宙ステーション「きぼう」を元氣玉にみたて、
地球中の夢を、宇宙へ打ち上げることを決めた。

宇宙ステーション1

blog_line