富士夢祭り

 

 

 

 

※上記と同じ内容のものが、下記に書かれています。

(スマホなどで画面が小さい方のために)

 

 

 

 

 

 

2020年8月25日(旧暦の七夕)

富士夢祭りは、中止いたします。

 

 

一つ目の理由は、コロナです。

静岡・山梨県の登山道では、多くの山小屋の閉鎖が決定し、宿泊ができないためです。

 

二つ目の理由は、富士夢祭りを「進化」させるためです。

富士山の頂上に願いを届けることは、戦国時代からずっと続いている大切な祭りです。

江戸時代では、コレラなどのウイルスで、10万人近くの人々が亡くなったそうです。

その時の旧暦の七夕には、より多くの人たちが、富士山に願いを届けていました。

本来、七夕祭りとは、

絶望が大きければ大きいほど、人々の希望は、より大きく膨れ上がるものでした。

 

だからこそ…、

何年もかけて感じてきたことなのですが、

 

 

 

 

一人ひとりに、愛ある夢を聞き続けることは、

僕らにとって、永遠に終わることはありませんが、

夢ハンカチを使って活動してきた『富士夢祭り』は、

ここで、ひとくくりにします。

 

 

富士夢祭りとは、 2005年、秘密基地『レトロタイムマシン』という店から始まった物語。

その店のオーナーだった僕は、 世界をおもしろくするために、自分自身をもっと楽しむために、

一人ひとりに夢を聞き続け、 どうせならと、夢ハンカチを無料にして世界中に配り続けた。

これまでの15年間で、僕らは「夢の秘密」をたくさん知りました。

そして、世界中から羽ばたいて戻ってきた23万枚のバラバラだった夢たちは、

ひとつの大きな『偉大なるビジョン』となって、

「今こそ、このでっかな希望を、地球のみんな一人ひとりに伝えてほしい」と言ってくれました。

僕らは、ここで、 この『偉大なるビジョン』を様々な形にし、地球のみんなに届けていきます。

そして、より自由に、銀河レベルで、地球のみんなとたのしいことをする。

この星をひらく。どうせなら、思いっきり銀河レベルで、この星と遊ぶ!

 

富士夢祭りよ。

今まで、いっぱい遊んでくれて、ありがとう。

あなたのおかげで、僕が僕になれた。

富士夢祭りは、僕らの大切な宝物。

だから、今ここで、宇宙に、富士夢祭りを解き放とう。

 

これは、もう、解散なんかというものではない。

これは、夢ハンカチに愛ある夢を描き続けた、僕ら自身の「解放」宣言なのだ。

 

 

七夕アーティスト 大志

 

 

 

 

広重の浮世絵「市中繁栄七夕祭り」

 

 

インベーダーラインインベーダーライン

hp富士夢 (2)2

hp富士夢 (2)2-1 hp富士夢 (2)2たなばたhp富士夢 (2)2げんきだまhp富士夢 (2)2夢みこし208-205

hp富士夢 (2)2Q&Aタイトル

Q. 富士夢祭りに参加するにはどうしたらいいですか?
 A. 富士夢祭り当日の概要について詳細が決まり次第、HPにてご案内いたします。
   2020年の参加表明は以下申込リンクよりご連絡ください。
   詳細が決まり次第、参加方法をご案内させていただきます。

Q. 富士夢祭りはいつ開催されますか?
 A. 毎年旧暦の七夕に開催しています。

Q. 夢ハンカチではない普通のハンカチや布に夢を描いて届けてもいいですか?
 A. 夢ハンカチはインクジェットがかかり、強度のある布を使用しています。
   絵や文字が書きやすく、油性マーカーでも裏移りしません。
   また、糸がほつれずミシンでしっかり縫い付けることで富士山頂の天候にも左右されずつなぐことができます。
   そのため、夢ハンカチで参加していただくようお願いしています。
   夢ハンカチは1枚30円(送料別)でお渡ししています。

Q. 富士夢祭りが終わった後の夢ハンカチはどうするのですか?
 A. 富士山頂へ届けた後は持ち帰り、現在は保管をしています。
   一部は保管場所がいっぱいになった際に神社でお祓いをし、焼却処理させていただきました。
 

hp富士夢 (2)2お問い合わせへ

※富士夢祭りと検索すると、「宗教」と出るときがありますが、宗教とはまったく関わりがありません。
 16回目を迎える今、富士夢祭りは多くの仲間に支えられています。
 富士夢祭りとは、「夢を描いたハンカチを集めて、それを旧暦の七夕、富士山の頂上へ届ける祭り」
 実際、少しあやしそうな雰囲気の変わり者がいっぱいいることは認めます(もちろん、みんな素敵な人です)
 しかしそれは、自由に世界へ広がっている証拠で、すごく素敵なことだと感じ、本当に嬉しいです。
 夢を集めたい。夢をもって富士山に登りたいと思った人は、誰でも参加できる。
 それが、富士夢祭りの魅力でもあると思っています。
 広重の『市中繁栄七夕まつり』に描かれてありますが、 江戸時代の七夕は、100万人の大祭りだったようです。
 天に近いほど、願いが叶うとされていたので、屋根の上から短冊をつけた竹がたくさん立っています。
 そして、一番高いところといえば、富士山。富士山に、願いを届けることは当時は命がけでした。
 世界遺産となった富士山に、こんな素敵な文化があることを皆様にも知ってほしいです。
 

インベーダーラインインベーダーライン

        

☆富士夢祭りギャラリー☆

インベーダーラインインベーダーライン

大志ブログバナー   富士夢facebookバナー

blog_line