blog_line

2011.07.07

ドリームアート『陽はまた昇る』 in宮城県石巻市

「この日和山から見える景色に色をつけたい」

こう話してくれたのは、仙台に住む直美ちゃん。数年前からの友人で、

被災地での私たちの受け入れをしてくれていました。

直美ちゃんの親戚も被災し、仙台市内に住んでいた直美ちゃんは仕事がお休みになり、

炊き出しなどのボランティア活動をしていました。

こうして始まった夢ハンカチ集め。そしてドリームアート。

 

東日本大震災で被害を受けた宮城県石巻市。

日和山という山から見渡す景色は、瓦礫の街と化してしまいました。

そんな街にも希望があるのではないかと、街中から夢を集めてアートを行いました。

 

『陽はまた昇る』

 

陽はまた昇る1

宮城県の子どもたちの夢をハンカチに描いてもらい、一枚一枚赤い糸でつなぎ合わせ、

裏を赤いペンキで塗りました。

陽はまた昇る3 陽はまた昇る2

7月7日七夕、日和山から見える中瀬公園(石ノ森萬画館横)にて、巨大なアート。

どんなに暗く悲しいことがあっても、必ず太陽が見守ってくれている。

明けない夜はないのだということを、たくさんの子どもたちの夢で表現。

赤い夢ハンカチがだんだん大きく渦を巻いていく様子は、まるで太陽がだんだん大きくなっていくかのよう。

最後には夢を表にして、天に向かって夢を掲げました。

陽はまた昇る4  陽はまた昇る6

陽はまた昇る5 陽はまた昇る7

 

この様子は、新聞・テレビなど各マスコミでも取り上げていただき、

被災地を元気にするだけでなく、日本全国へ希望の光を届けました。

夜には日和山頂上の神社で、キャンドルアートとクリスタルボールの演奏。

鎮魂の祈り。亡くなった人々、今生きている人々、全ての魂に響き渡るような、

神秘的な夜になりました。

陽はまた昇る8 陽はまた昇る9

 

 

 

 

今このときに夢を抱き、夢をイキルコト。

『MADE IN DREAM』

全ては夢から作られていく・・・・・・

 

 

愛ある夢を☆☆

 

blog_line