blog_line

2011.09.28

佐賀県武雄北中学校夢プロジェクト【Movieあり】

佐賀県武雄市にある、武雄北中学校。

校長の宮地先生と、『夢』『つながる』というテーマで活動をしていこうと話したのは、

2011年3月11日。武雄北中学校にとっては卒業式であり、

東北では、東日本大震災が発生した、まさにその日だった。

何か出来ることはないか、中学生として、自分たちに何ができるのか。それが春休みの宿題。

新学期から募金もして、東北のこともよく知って、そして、夢を集め始めました。

夢でつながつ友達を 『夢とも』 と名づけ、日本中から夢ハンカチを集めることで、

たくさんの元氣玉を東北へ届けたい。そして 『夢とも』 を元気にしたい。

生徒会役員や夢プロ実行委員会を中心に、夢ハンカチ集めが6月11日から本格的にスタート。

10月28日の発表会までに10000枚を集めることを決めた。

実際、10000枚を数ヶ月で集めるのは難しい。目標であり、目標でない。みんなが元気になるために。

8月下旬には、数名の生徒が被災地を訪問。まだ震災から半年も立っていない頃、

現地を見て回り、避難所や仮設住宅を訪ね、話を聞き、学んだ。

その中で、夢ハンカチを送ってくれた雄勝中学校の生徒が住む仮設住宅も訪ね、

『夢とも』 と出会うことができた。こんな状況の、同じ中学生達が、夢を届けてくれた。

そして佐賀に戻り、ラストスパート!!教職員も全員参加、夏休みには公共施設や

パーキングエリア、地域を回って夢を集めました。

協力してもらうために、佐賀県内の学校に手紙を書き、県外からも応援を募った。

そして・・・・・・

迎えた10月28日。

夢ハンカチは目標の10000枚を超える、11111枚が集まった。

夢ハンカチアートで東北にエールを送り、その様子がハッピーニュースとなった。


 

こうして夢プロジェクトは大成功し、こんな活動をこれからも続けよう!と、未来へつなげた。

 

そのさらに5ヶ月ほど過ぎた日。2012年3月11日。

私たちは宮城県東松島市でテレビを見ていた。3月10日に行われた『走れ!仙石線』のイベントの

片付けをしていたとき、なんと、武雄北中学校の取り組みについての映像が流れた。

ある被災した学生を取り上げた特集の中で、武雄北中学校と手紙の交換をしたことを紹介したもの。

佐賀県の、武雄の、小さな中学校での取り組みが、ちゃんと東北に届いた。

元氣玉が届いた!!

 

素敵な取り組みをしてくれた武雄北中学校の皆さん、ありがとう。

協力してくれた地域の皆さん、夢を描いてくれた皆さん、本当にありがとうございました。

『夢の学校』 が、始まりました。

 

blog_line