blog_line

2012.03.10

『みんなの夢をのせて 走れ仙石線!』 in宮城県東松島市

 

hp富士夢 (2)2インベーダーラインhp富士夢 (2)2インベーダーライン

マスコミのみんなを呼んでハッピーニュースにするため、
プレスリリースを出しました。
よかったら、まずはそれを読んでください。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
『みんなの夢をのせて 走れ!仙石線』  届け、ハッピーニュース!
2012年3月10日(土) JR仙石線 野蒜駅〜東名駅 午前11時開催。こんにちは、「みんなの夢をのせて 走れ!仙石線実行委員会」の大志と申します。
宮城県東松島市の東名駅の付近は今もなお、2メートルもの地盤沈下があり、海に沈んでいる町でもあります。
ここで仮設住宅に住まず、がんばっている伊藤壽美子さん(愛称:すみちゃん)62歳がいます。
すみちゃんは、老人の方へのデイサービスやグループホームを経営されている方で、今回の押し寄せた津波の浸水により、自宅やグループホームなどが全壊し大きな被害を受けました。
すみちゃんは、全壊し壁だけが残った自宅を直し、そこで90歳の老人(認知症の方を含む)の方々を介護していますが、9月の大雨では現在使っているホームが2階まで浸水しました。
近所の人らは、この土地を離れていき、すみちゃん自身ここに住んでいいのかさえ悩みます。
そんな、すっかり元気をなくしたすみちゃんでしたが、ハンカチに夢を描くことができました。
「東名駅から孫と電車に乗って、八木山動物園にキリンを見に行きたい!」。
「家や町を失っても負けない!ここで元気に生きていくよ!」と
そして、すみちゃんは立ち上がり、夢のハンカチを小中学生、老人などを中心に集めています。現在、仙石線は7つの駅が閉鎖されています。
その中でもっともひどいのが、すみちゃんが住んでいる東名駅〜野蒜駅です。
3月10日、東名駅や線路の上で500人の被災地の人たちが大空に夢を掲げます!!
地域の方や子供達で、手をつなぎ、夢ハンカチをもって、笑顔いっぱいで、この町に感謝をし、
「仙石線!ありがとう」と一斉に叫びます。1000個の虹色の風船を大空に上げていきます。
東松島市に住む子ども達約800人、転校をしたり、亡くなった子ども達を合わせて1000人!
この1000個の風船は、子ども達の夢の数なのです!それを打ち上げます。
ちなみに、震災前に開通したJR東北の新幹線のキャッチフレーズが『made in dream』でした。
JRの人も応援したいと思っています。第1回「みんなの夢をのせて 走れ!仙石線」はどんどん駅をのばして、これからも毎年続くイベントにして、大感動を日本中に送ろうとしています。
現在、夢ハンカチは東松島の地域からすでに2000人分の夢たちが集まってきています。
津波で校舎が全壊し、多くの被害があった鳴瀬第2中学校、浜市小学校、野蒜小学校など
5つの小学校や中学校の全生徒が夢をハンカチに描いています。
翌日の3月11日にハッピーニュースが流れ、被災地から元気な姿を見せたいと思っています。
マスコミのみなさんのおチカラをお貸しください!よろしくお願いします。
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


こうやって、プレスリリースをだして、
マスコミの人にも、被災地から日本を元気にお手伝いをしていただいています。


今回のイベントは、ボランティア200人、参加者500人集まってすごく大きなものとなった。
それは、すみちゃんの夢にたくさんの人が共感したからだ。
すみちゃんの家に関わった泥のかき出しをしたボランティアさんなどは、
全国から再結成した。
他のボランティアさんも夢ハンカチを集めたらしく、夢ハンカチは大好評だった。
そうやって、夢ハンカチに釣られて、500人の人も集まったのだった。当日はあいにく雪だったが、
出演者である琉球国太鼓や獅子舞、ライブなどは、
水で機材が壊れるというのに、みんな覚悟をもってやっていた。
フラダンスのお姉さん達は、ビキニに素足で雪の降る中を笑顔で踊っていた。
みんな、みんな輝いていた。
雪が降ることで、逆によかった。そして、メインイベントである夢ハンカチのウェーブは最高だった。
東名駅は線路がないのでプラットホームの下で、
今はなき線路に例えて、みんなが2列に並んで「夢の線路」を作った。
感動の光景だった。
僕たちは「夢の線路」なんだ!
そして、一斉に叫んだ!
「仙石線ありがとう!!!」
この声は全国ニュースとなって、みんなの心に響いた!
まさに、made in dream
そして、1000個の虹色の風船は空に飛んで行った。イベントとして大成功だった。
テレビ取材は4局、そのうちフジテレビなどで全国放送。
全国の33社で新聞でもニュースとなり、
3月11日、全国にハッピーニュースは流れた。
思ってた以上のできだった。しかし、仙石線はまだ走っていない。
まだまだ一歩だ。でも、仙石線が走れば成功なのか?
いや、違う。電車は日本中で走っているけれど、
だからと言って、しあわせになるわけない。しあわせってなんだ?
「ふんこうためにがんばす」  こうや 5歳
「まけないぞ 日本!!」   石森ふう 野蒜小1
「がんばろう日本 一日にも早くふっこうしよう!」 野蒜小1
「まけないぞ!のびる」    りの 野蒜小1年
「家族に会いたい」   まつうら きみ
「つなみがきませんように」  小3小学校低学年の子たちの夢である。
これを見ただけで大人たちは元気になっていた。夢を描こうと、自分を見つめてみる。
この瞬間が大切なんだ。それが、世界平和なんだ。


 

hp富士夢 (2)2インベーダーラインhp富士夢 (2)2インベーダーライン
イベント開催についてのお知らせ(イベントは終了しています)


2012年3月10日 11:00

野蒜駅(宮城県東松島市)へ集合!!

☆参加無料

☆野外でのイベントですので、歩きやすい靴、暖かい服装でお越しください。

☆少々の雨なら行いますので、レインコートや雨具をご持参ください。

☆電車で来られる場合本数が少ないので、あらかじめよく調べてお越しください。

《アクセス》仙台・・・(JR仙石線・高城町行)・・・松島海岸・・・(JR仙石線代行バス・矢本行)・・・野蒜  (所要時間:約1時間)

☆お問い合わせ:NPO法人のんびーりすみちゃんの家 伊藤壽美子 080-1800-0817

主催:みんなの夢をのせて走れ!仙石線実行委員会

協賛:日本財団

協力:夢ハンカチを描いていただいた方々

□■□■□■□■□■□■□■□■

現在復旧中のJR仙石線、野蒜―東名間を夢と手でつなぎます。

今まで当たり前だった電車が、東日本大震災で被災しました。

復旧には時間がかかります。失って気づくありがたさ。

その感謝の気持ちを、空いっぱいに風船を飛ばして、大空に届けます。

被災地で夢を集めて、楽しく町を盛り上げたい!みんなでたのしいことをしよう!

ぜひ、東松島へ遊びに来てください☆

◎ししまい、太鼓などのパフォーマンス

◎うどん、もちつき、カレーなどなど、楽しく食事をしながら語り合いましょう!!

※写真をクリックすると写真の全体が見れます。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

すみちゃん

12月12日
東松島市の東名駅の近くに住んでいる、すみちゃんに逢いに私は東北にきました

こちらがすみちゃん
俺は、『おかあさん』と呼んでいる

すみちゃんとは、
11月18日に逢って以来、まだ二度目。

4つくらいの老人ホームを経営されている(2つは津波で流された)理事長さんで、本当にいつも笑顔いっぱいのおかあさんなんです。
・・・・・・続きを読む(ドリームアーティスト大志のブログ『すみちゃん』)

blog_line