blog_line

2014.08.02

第10回富士夢祭り

富士夢祭り2014も無事に開催することができました。
第10回という記念すべき富士夢祭り。2012年は噴火口を巻いての
ドリームリング大成功、2013年は世界遺産お祝いのパズルのピース。
そして富士夢みこしも3年目ということで、一体今回は何をするのだろうと、
ずっと考えてきました。
まず一つは富士夢神輿を伊勢から出発させること。
そして江戸時代の大祭り七夕を復活させるために江戸時代に整備された
東海道を歩いて富士山へ向かうこと。
すると、面白い物語が始まる気がする。そんな気持ちで始まりました。

伊勢からだけではなくて江戸からも神輿を出したい!と言ってくれた
あっきーとレイジさん。
昨年の大活躍から富士夢祭りの人気者になったバティ。
北海道でいつも頑張ってくれていた香さんと、広瀬さんの蝦夷富士神輿。
一番の見所は七里の渡しをスワンボートで渡る企画。
その面白さにテレビ局も同行取材、夢みこしは海を渡りました。
富士登山は3年目の村山古道からの0合目登山。
毎年サポートしてくれている卯一さんが今年もガイドをしてくれて、
無事に2基の神輿を0合目から担ぎ上げることができました。
北海道の蝦夷富士みこしは本当は旭川~蝦夷富士(北海道羊蹄山)で
ゴールの予定だったけど、どうしても富士山まで持って行ってあげたい!
と思い立ち、5合目からみんなの手を借りて見事登場へ。

富士山頂上では2008年から夢を共に描いてきたチャッキリさんの夢宵。
夢ハンカチ鯉のぼり。3年目の正直で桜花ちゃんが登頂したこと。
そのほか一人ひとりのゆめ物語が無限に紡がれたひと時になったと思います。

この様子はドキュメンタリー映画にして、参加者の皆さんへお送りしました。
その際、気づいた方はいるでしょうか。最後の最後、『おわり』という文字。
これまでのドキュメンタリー映画は、『to be continue…』『つづく』と
なっていたんです。今年のこの作品がひとつの集大成で、これから先は映画を
毎年作るというこの流れは終わりにしようと思っていました。そのつもりで作りました。

しかーし!!皆さんにDVDを送って、その後自分でDVDを見直していたところ、
少し直したい、ここもこうしたい、と、出来上がったはずのものをなぜかいじり始め、
そしてそして最後には、『つづく』と書いてしまいました!!!!!
皆さんに参加記念としてお送りするためのDVDはもしかしたらやっぱり終わりなのかも。
でも、これからも富士夢祭りや夢ハンカチを通して起こるドラマを撮り続け、
沢山の人達に伝えたい。この思いは終わらないのだと気づきました。

これからも夢の道は続いていく。
これからも誰かの夢が輝き続ける。
一度終わりを決意したからこそ、わくわくしてきてしまったのです。

今回一緒に夢を背負って富士山へ登ってくれたみんな、ありがとう。
夢を描いてくれたみんな、ありがとう。
夢を集め、つないでくれたみんな、ありがとう。
これから出会うすべての人たちみんな、ありがとう。

DVD『夢道2~ゆめみち2~』の購入はコチラ→グッズ

※写真をクリックすると大きな画面で見れます。

blog_line